「新しい世界へ」タグの記事一覧

知らなかったら損をする! ― 私たちを影から操る“プログラム”の正体を探る

画面を埋め尽くす0と1の羅列(コンピュータのプログラムのイメージ)

私たちの人生は、ある“自動プログラム”によって支配されている……。 いや、私たち一人ひとりの人生どころか、私たちの社会そのものが、その“自動プログラム”によって操られている――。 もし、私がそう言ったとしたら、あなたは私・・・

論理的思考で「正解」は見つけられる!?―「正解」は見つけるものでなく、つくるもの。

数式が書かれた黒板とチョークを持つ手

「だから、もっと論理的に考えろって言っただろ!?こういうことは、もっとロジックで考えなきゃ、正しい答えにたどり着けないぞ!」 あなたは、こんな言葉を耳にしたことはありませんか? 理屈派の人が多い環境だったら、よく耳にする・・・

「罪悪感」は癒せるのか?“和楽”なんて、実現しない?―それを選ぶのは、「あなた」です

罪悪感を癒そう!力強い命を感じさせる、美しい新芽

「わたしは、幸せになっちゃ、いけないんだ……。」 「罪の意識」は、私たちをそんな気持ちにさせ、私たちを罪悪感の「檻(おり)」の中に閉じ込めようとしてきます。 「ずっと望んできたことが、もう少しで現実になりそうだ!」 そう・・・

あなたには、この言葉が読めますか?―あなたの人生を読み解く“魔法の言葉”

カタカナに似ているけれども読めない文字が書かれたボードを持つ女性(日本人だけに読めないフォント)

突然ですが、あなたには、この言葉を読むことができますか? 「けむ……?も?」 とでも読むのでしょうか? 実は、この言葉。 あなたの人生を、まるで違うものにつくりかえてしまうほどの、魔法のような力をもった言葉なのです。 こ・・・

なぜ、大企業勤務は安定の代名詞だったのか?―その本質から学ぶ「本当の安定」

品川インターシティ

世界的大企業に長年勤め、管理職の地位にも就いていた彼が。まさか……。 今から書く出来事は、私の知り合いの男性に実際に起こった出来事です。 (そのまま書くわけにはいかない部分は、一部修正を入れてあります。) 彼は、少し堅実・・・

“人事を尽くして天命を待つ”に隠された、もう1つの意味

天から伸びる稲妻のような天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ 誰もが一度は耳にしたことがあることわざではないかと思います。 しかし実は、この誰でも知っていることわざの裏には、もっと深い意味が隠されているかもしれないと言ったら、あなたは驚くでしょうか? それ・・・

なぜ、人生は“楽”しく、世界は平“和”なのか?

赤ちゃんの手に優しく触れる、母親の手

「お前ばっかり楽してずるいぞっ!」 「そうだ、そうだっ! 俺たちが毎日どれだけ大変な思いをしているのか、わかってるのか!?」 ある日突然、あなたの耳に、こんな罵声が飛びこんできました。 どうやら、どこかで喧嘩が始まったよ・・・

もう「才能がない」とは言わせない!―苦手意識に隠された“天与の才能”を見つける方法

「やっと気付いた!これこそ、きっと私の才能」と、自分の才能が見つかって喜ぶ女性

あなたは、いったいどんな才能をもっていますか? こう聞かれたとき、あなたの頭には何が思い浮かびましたか……? もし、この質問に自信をもって即答できたとしたら、あなたはかなり自分自身のことを知っている人でしょう。 多くの方・・・

地球と人類とあなた自身のために、今あなたに出来ること

地球と、その未来を支える仲間たち

「地球と人類とあなた自身のために、今あなたに出来ること」 この記事のタイトルを見て、あなたはどんな印象を受けましたか? 今、この文章をお読みいただいているということは、多少なりとも興味を持っていただいたことは間違いないと・・・

和をもって楽となし、楽をもって和となす。いまそれぞれの、その道を行こう。

warakunomichi

※ テキスト版は画面サイズによって行の途中で改行されてしまうことがあるため、画像で表示しています。画像が読みにくい場合は、この記事の一番下のテキスト版も用意してあります。 この記事の公開後に、“和楽の道”について参考にな・・・

文章の書き方で人生は変わる!“言葉の力”は理想の人生につながるパスポート

言葉の力―万年筆と便箋の画像

言葉の使い方ひとつで、人生は180°変わる可能性を秘めている! もしそんなことを言ったら、あなたは驚かれるでしょうか? しかしこれは、決して大げさに言っているわけではありません。 「理想の人生につながる“言葉の力”の使い・・・

アミ 小さな宇宙人―大人こそ読むべき、子供向けの物語

ふと、昔の悩みを思い出して、 「なんで、あんな簡単なことに、あそこまで悩んでいたんだろう?」 と不思議に思ってしまうことは、誰にでもあるのではないかと思います。 あとから振り返ってみると、乗り越えてしまった課題は簡単に見・・・

新しい現実の萌芽!“真実の人生”が当たり前の世界へ

世界は、そんなにも速く変わっているのか!?

つい先日のことです。私は一通のメールを読んで、思わず驚いてしまいました……。

このサイトでは、「内なる情熱」を生きること、自分がやりたいことや、意味を感じられることをして生きていくことの大切さについて、いくつもの記事を書いてきました。

しかし、多くの人にとっては、そんな話はまるで夢物語で現実感のない話なのではないかと思います。

「夢見るのもいいけどさぁ、もっと現実を見ようよ。現実を。」

そんな声すら聞こえてきそうで、まるで、親の反対を押し切ってミュージシャンを目指す高校生にでもなったような気分です。

ところが、そんな「現実」も音を立てて崩れ去り、新しい「現実」が生まれようとしている、その萌芽を象徴するような出来ごとに出会ったのです。

「モチベーション3.0」-常識を覆す、やる気を引き出す科学的方法

前回の記事では、ダニエル・ピンク氏の最新作『人を動かす、新たな3原則』を紹介しました。

せっかくの機会ですので、今回は、このサイトでも何回か引用させてもらっている『モチベーション3.0』(ダニエル・ピンク著)の紹介と感想を書いていこうと思います。

「人を動かす」ではダメな、3つの理由

1週間と少し前の7月6日。偶然、ダニエル・ピンク氏の新しい本が出ていることを知りました。

このサイトの記事でも何度か参照させてもらっている『モチベーション3.0』の著者でもあるということもあり、お世話になっているお礼という意味も込めて、購入してみることにしました。

さっそく読み始めてみると……。

驚くことに、そこにはなんと、この本と出会う少し前の6月28日に公開したばかりの物語『真実の人生』と、びっくりするほどシンクロする内容が書かれていたのです。

不思議な縁もあるものだなということで、今回はこの本を書評しながら記事を書いてみようと思います。

もし、望み通りの世界をつくることが出来たら……?

もし、何もかもが自分の望み通りになる 世界をつくることが出来たとしたら……? 誰もが、一度は抱いたことがある妄想ではないかと思います。 もちろん、それはただの妄想でしかありませんし、誰も真剣にそんなことを考えたりはしない・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ