< “和楽の道”に寄せられたメッセージ >

和楽の道では、サイト開設以来、たくさんの応援メッセージや感想をいただいています。

返信を差し上げるだけの時間を物理的に確保できないため、ほとんどお返事は出来ない状況が続いていますが、頂いたメッセージはすべてありがたく拝見しております。

このページでは、頂いたメッセージの中から、許可を頂いているものについて一部を紹介したいと思います。


あなたも“和楽の道”へメッセージを送りませんか?
→ 応援メッセージはこちらから。


※ 頂いたメッセージのすべてを紹介できるわけではありませんので、あらかじめご了承ください。






空夢さま

※ twitterとメールで応援メッセージを頂いております。




こんにちは。

ツイッターで出会いました空夢と申します。

<中略>

私自身、数十年間生きてきて、「和」の精神を積極的に説いている人に出会ったのは、あなたが初めてです。

なぜ日本人が、古来からある基本的な精神の「和」を重んじなくなったのか。

それは、いつからかは分かりませんが、やはり、隣の人と仲良くやっていくことより、競争して他人に勝つことの方を優先するようになったからだと思います。
特に第二次世界大戦の後すぐに産まれた、ベビーブームの人たちに顕著に現れているような気がします。
彼らは、家庭にあっても、食事の時にボーッとしていたら、他の兄弟たちにおかずを食べられてしまうような状況下で育ちました。
社会に出ても、ライバルは多いですから、仲良くというような、悠長なことを言っていたら、社会から取り残されたのです。
他人を蹴落としてでも、生き残らねばならなかったのでしょう。

そういうことなどによって、「和」の精神は後退していったのだと思います。

しかし、当然、弊害が生じます。

現在の様に、ストレスの多い、世知辛い世の中になってしまいました。
自殺、いじめ、嫉み、怨恨による殺人。
そういった問題が、あちらこちらで噴出しています。

「和」を以って問題を解決しようとする人は、残念ながら、少数派になってしまいました。

更に、あなたは、「和」を以って事に当たれば、「楽」が生ずることに気付かれた。

あなたがいてくれて私は救われた感じがします。

釈迦に説法とは思いますが、「和」の精神は奥が深いです。

数十年かけて実践しても、なかなか完成には至りません。

私も「和楽の道」でもう少し勉強させていただきます。

有り難うございました。





Kさま( 静岡県 30代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

◆『 あなたの人生を取り戻す、8つの質問 』に寄せられたメッセージです。◆

全ての内容を無料で公開してくださり、本当にありがとうございます。初めて読んだのに、前にも和楽さんのサイトを見たことがあるような不思議な感覚になりました。私が和楽の道を実践することが、和楽さんの記事とメールへの恩返しになると思って、和楽で生きていきます!


私が和楽の道のサイトを知ったのは、「芸術家になるには」で検索して読んだ記事(※ おそらく「成功する芸術家と、成功できない芸術家。その運命をわけるものは?」の記事だと思われます。)がきっかけです。もともと自己探求が好きで、割と“和楽”な生き方が実践できている方だと自分では思っていましたので、和楽さんのおっしゃる内容に、どれも共感できました。それでも自分の真実の人生とは何かを知りたくて、8つの質問へと登録させて頂きました。
質問1から、アドバイス通りに紙に書きだして、一つの質問に1~2日ずつかけて取り組みました。ちょうどいいタイミングで次の質問メールが届き、8つの質問に飽きることなく、段階的に取り組めて良かったです。
書きだすのは、夜、落ち着いてからが多かったのですが、朝、次の質問メールが届いていると、夜に探求時間をとるのが楽しみになりました。
私が“楽”を生きることが、世界に貢献することだ、と心のどこかでわかっていたのですが、それを言葉ではっきりと教えてもらい、自信をもって自分の人生を進める気持ちになりました。
私は「芸術家になる!」と決めたことで和楽さんのサイトと出会え、そして和楽を歩みつつあることが確認できました。いよいよそれを実生活で、経済活動と結びつける段階にきたから、8つの質問に登録したのかも、と思いました。8つの質問と“和楽”さんの記事により、「やっぱりこれでいいんだ」という確信と「やるぞ!」という覚悟と自信を得て、地に足が付いた気がします。
私にとって一番参考になった記事は、ピカソとゴッホの話が載っていた記事でした。

※ 和楽の道による注記





Yさま
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。


◆ このメールには返信の記事を書いています。 ◆

▶ 「罪悪感」は癒せるのか?“和楽”なんて、実現しない?―それを選ぶのは、「あなた」です


はじめまして。
いくつか記事を読んで元気づけられました。
特に“和楽への道”には深く感動させられました。
ありがとうございます。

当サイトの目指すところについて疑問があり、ご連絡いたしました。
かなり長文ですが、目を通していただければ幸いです。
まず、和楽の道とは、調和と自己の両輪がそろった真の幸せを追及する生き方だと個人的に理解しています。
地球と人類とあなた自身のために、今あなたに出来ること」という記事から、和楽の観念で崩壊しつつある世界の好転を目指していることが読み取れました。
しかしながら、この目的は和楽の道とはずれているように思います。
結局のところ、自分が直接関わりを持たなければ、和楽どころか何も感じないことでしょう。
顔も名前も何も知らない人々が70億人以上いる世界です。
また、地球上を隈なく歩きまわることは非現実的です。
真の和や真の楽を生み出すには個人が本気で問題にぶつかり理解することが必須であり、実際、ほとんどの人が目の前のことに困難を抱えるだけで精いっぱいです。
和楽の道の本質は、この広い宇宙の中で出会えた他人、土地、時代とかけがえのない自分という存在がうまく混じりあうことではないでしょうか。
この世界を好転させることができれば素晴らしいとは思いますが、屈託のない笑顔で人生の幕を閉じることが和楽の道の目指すべきところだと思います。

最後に質問ですが、不幸な事故や自然災害などが原因で大切なものを失ったため癒えることがない傷を負った心を満たすことは可能だと思いますか?
例えば、不運が重なり、自動車で人を轢いて命を奪う結果になった交通事故の加害者の心を満たすことはできるでしょうか?
私は限りなく不可能だと思います。
どんな罰を受けても加害者の罪の意識は消えません。
いつまでたっても何をやっても過去にとらわれたまま死んでいくことでしょう。
真の和楽で満たされた世界に彼の居場所はあると思いますか?
こういった意味においても和楽で包み込まれた世界は嘘だと考えています。


◆ このメールには返信の記事を書いています。 ◆

▶ 「罪悪感」は癒せるのか?“和楽”なんて、実現しない?―それを選ぶのは、「あなた」です





Kさま( 神奈川県 40代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

共感しました。私も真実の人生、リアルな自己で生きることを望んでいるし、社会がそうなれば生きやすいと感じています。





Oさま( 東京都 40代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

はじめまして。
ことわざの意味を検索して偶然辿り付きました。
読んでいて、大変共感したので、更に詳しく読んでみたいと思いました。
自分の真実を生きる。自分に正直に生きる事が難しくなっていて
いつの間にか、自分を偽りながら生きる事を当たり前として生きている方が多いと感じている近頃です。
宜しくお願いします。





Uさま( 滋賀県 40代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

はじまりは親切心ではじめたことが、どんどん重荷になり、なんとかそれをやめることができないか?と考えたり、頼まれたことにちゃんと応えられなくなったり、頼まれること自体に不快感を感じるようになり、自分の身の丈を超えて、無理をしてがんばってる自分、そんな自分に酔ってるだけじゃないか。と思うようになりました。自分の身の丈にあった人生、無理のない人生、本当にココロから喜べる人生を歩みたいと思いました。
また、5歳になるムスメが、自分のやりたいことをがまんして、親の言うことを聞き、気を遣っている姿を見て、このままではムスメの人生まで奪ってしまうかもしれないと、不安になりました。

【中略】

いつも自分の都合の良いように解釈をして、自分とちゃんと向き合ってこなかったので、深く自分と向き合うきっかけとなりました。
自分と向き合ったことで、気づいたことがたくさんあります。
今まで「善」と思っていたことが「悪」だったり、毎日の生活の中の出来事が、全く違った見え方になりました。





Hさま( 滋賀県 20代男性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

私は今まで「常識」と呼ばれるものに縛られすぎていました。
“和楽の道”と出会い、「常識」は自分自身で勝手につくりだしている限界であることに気付きました。
限界を取り去り、自分が本当にやりたいことを見つけたい。
そう感じて私は「真実の人生」を読みたいと思いました。

本当にやりたいことをして、世界の役に立つ。

ワクワクしてます。

“和楽の道”と出会えたおかげです。
ありがとうございます。





Uさま( 兵庫県 40代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

生きてきて多数派の意見を持てない自分に劣等感を感じていましたが、こちらの記事を読ませて頂き、自分に無かったのは自信ではと思い始めました。
有り難うございます。





Yさま( 北海道 20代男性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

最近、自分の人生を懸けてでもやり遂げたいことを見出しました。それは以前の自分では考えられないような大きなこと(世界を変革するというレベルのもの)なのですが、「それを成し遂げて歴史に名を残したい」とか「これを誰かに話して尊敬されたい」とか「億万長者になりたい」といったことは全く思いませんでした。
ただ「やりたいから」「楽しそうだから」「好きだから」といった理由からです。

小学生の頃からお金持ちになりたいと思っていた自分にとっては、この変化は不思議でたまりませんでした。
しかし、和楽の道さんの「モチベーション3.0」関連の記事を読んで、「これが内発的動機なのか」と納得すると同時に、「この道を進んでいっていいんだ」という確信を得られました。


また、僕は、和楽の道さんが書いた

”人からの賞賛や金銭よりも自分が内発的動機を感じることを通じてお互いに貢献し合う人々が増え、現在の生きるために仕方なく働く人が中心の世界を、喜びにもとづく助け合いで成り立つ世界に変えていくことができれば、それに越したことはありません。

実は、私がこの記事を書いている理由として、そんな世界を実現するために貢献したいという意味もあるのですが……(略)”

※ 参考リンク:成功する芸術家と、成功できない芸術家。その運命をわけるものは?

という文を読んで、「ああ、俺はこの人と同じ方向、同じ世界を目指しているんだろうな」と思い、とても嬉しくなりましたし勇気付けられました。

「同じ世界を目指している仲間がいる(僕が勝手に思っているだけですが)というだけで、こんなにも明るい気分になるんだ」と、少し驚いております(笑)。

お互い頑張りましょう。応援しています。

※ 文章内のリンクは“和楽の道”で設定したものです。





Fさま( 千葉県 40代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

少しずつ、読ませて頂いてます。拝読していると、自分ではうまく言葉に出来ずモヤモヤしていた思いを整理することが出来ますし、新たな発見もあります。ありがとうございます。





Sさま( 山口県 30代女性 )
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

生き方に悩んでいるこのタイミングで記事に出会い、改めて自分という存在のことを考えさせていただいてます!これからも楽しみにしています( ^ω^ )





SKさま( 長崎県 20代男性 )

成功する芸術家と、成功できない芸術家。その運命をわけるものは?】を見ました

いやもう私の夢?を語ってくださってありがとうございます!
【次々と明らかになる「外発的動機」のネガティブな側面。しかし……。】から下の記事全部、共感しまくりです!
というか、文章の書き方が上手いです!
そして現実と理想との考え方のバランスが本当に素晴らしい!
こんな風にしか言葉を繋げられない自分にヤキモキしますが
本当に共感しました!応援させてください!!!

[注] SKさまからは、上記とは別のメールで下(↓)のようなメールも頂いております。

私も私なりに和楽の道さんの意見を参考にしつつ
人に自分の思いを皆に伝えていきます
まだまだ人に伝えられるほど教養や経験が足りない未熟者だとは思いますが
未熟者だから、恥ずかしいから、とかで行動しないじゃそこでその人は何かが止まってしまうと思いますから自分なりに行動します
元々人間は生まれた時は何も知らない無知ですからしょうがないですよね





Mさま(20代)
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

初めまして。私は現在社会に属さず、自分の作りたいもの(主に服)をつくりながら少しの貯金で生きている者です。偶然このサイトに出会いちくっと心に引っ掛かり駄文ですみませんがメッセージを送らせていただきたいと思いました。
私は現在24歳で服飾の専門学校を卒業し、就職はしない道を選びました。何故かといいと、そこに(社会)行ってしまうと自分のつくりたくもないものを組織 の一員としてつくっていかなければならない事で自分が耐えられないのではないか、決まり事の様に皆社会へ生きる為に出ていく(両親もです)ことへの違和 感、という未経験の恐れからでした。私はゴミをつくりたくないのです。私は楽しい事が好きですが、楽しむだけの為にひとは生きている事に違和感を感じま す。その為だけに存在していいのか。違和感を感じるのは私のやりたいことが関係していると思います。人間として生まれ自由な手足と、考える事、様々な他の 動物にはないものを持って生まれたからには今まで自分たちが汚してきたものを少しでもマイナスにしたいのです。
しかし、直ぐにやりたい、つくりたいものが出来ず、日々試行錯誤の繰り返しです。そんな自分が嫌になる事もあります。
学生時代の仲間は皆、就職し地元は田舎なので、既に結婚、出産している友人も多々おります。
両親も務め人で子の人生の安定を望んでおり、その中で就職していないという事にとても引け目を感じます。
本音を口に出さず、応援してくれている両親にとても感謝しているとともに安心させてあげたい気持ちも日々わたしの心に出てきたり、今はやりたいことに専念できるのだから焦ってはだめ。の言い聞かせの繰り返しです。
この見えない壁を壊せたら、という時に偶然出会い興味を魅かれた「真実の人生」、拝読したいと思ったとともに吐き出しのようになってしまいすみません・・メッセージを送らせていただきました。





北山さま

このサイトに巡り合えたおかげで私が子供の頃から感じていたモヤモヤした感情を取り払うことができました。何度も読み返してます。その必要がないくらいインパクトのある文章かとはおもいますが・・・。私の人生の分岐点になったような気がします。ありがとうございます。





Nさま(女性)
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

初めまして
長い文ですが、読んで頂けたらうれしいです!


芸術家で検索していたら
こちらに辿りつき、なぜだか読んでいくうちに涙が出てきました!
私がずっと心にあった想いが同じ感覚だった事と、今まで私は頭がおかしいんじゃないかとか、人と違う感覚のズレに苦しんでいました!この内容を読んで、私を認めてくれた感じがして、すごく嬉しい!ありがとうって気持ちでいっぱいになりました!

ずっと内発的動機付けで生きていて心のままに生きてきました。流れに逆らっているので回りの俗に言う普通の生き方ができないのでダメな人にみられます。その上、私には中学生の息子もいるのでなおさらです。

子供がいても若い時は回りなんて気にならなくイケイケでした?

ある時、小さい頃からの夢だった仕事ができるようになりました。
夢だった仕事ができて幸せで、結果としてお給料もだんだん増えていきました。内発的動機付けから結果として外発的動機付けになりました!

本当に毎日が幸せでした!

でも現在は訳あってその仕事を失ってしまいました。

今の私は、また内発的動機付けを優先している、といか、心のままにしか生き方がわからないんです!

またしばらく流れに逆らっての人生です。

すごくすごく長くなってしまいましたが、同じ感覚の方がおられた事が今の私のはげみになりました!

本当にありがとうございます!





Kさま
※匿名を希望されているため、お名前は伏せさせて頂きます。

モチベーション3.0など、共感する記事が多く集められております。私も、このような考えを広め、世の中を良くしていきたいと考えております。
ホームページ管理者の方は、日頃どのようなことをされているのでしょうか。
また、どのような夢や志に向かって、ホームページを立ち上げ、活動を続けているのでしょうか。

▶ “和楽の道”が目指す世界観については、「地球と人類とあなた自身のために、今あなたに出来ること」が参考になると思います。

このページの先頭へ