「和楽の言葉」お届けします。和楽の道とツイッターの連動サービス。



>> 説明を読まずに登録する場合はこちら <<
(“和楽の道”のtwitterアカウントに飛ぶのでフォローしてください)




「この言葉、覚えとこっ!」

そう思ったのに、一晩寝ると忘れてしまう……。



あなたはには、そんな経験がありませんか?

恥ずかしながら、私にはよくあります。

とても“いい言葉”に出会って、「明るい気持ちになった」、「やる気が出た」、「人に優しくしようと思った」、「穏やかな、あたたかい気持ちにになれた」……etc.

にも、かかわらずです。

慌ただしい毎日に追われているうちに、すっかり、その気持ちまでどこかにいってしまった……。

そんなことがよくあります。

その“いい言葉”を「覚えている」とか「覚えていない」というレベル以前の、「心」や「気持ちの持ち方」までも忘れてしまうのです。


  • やる気が出たのに、そのやる気がどこかにいってしまった。
  • 穏やかな気持ちになれて、人に優しくしようと思えるだけの心の余裕ができたのに、その心の余裕がなくなってしまった。
  • 明るい気持ちになれたのに、いつの間にか、また暗い気持ちになっていた。


せっかく、“いい言葉”に出会っても、これでは「もったいない」としか言いようがありません


では、どうすればいいのでしょうか?

ひとつの解決策は、自分の好きな言葉に、定期的に繰り返し触れるという方法があります。


そこで、twitterと連動した新サービス“和楽の言葉”を始めることにしました。



>> 登録はこちらから <<
(“和楽の道”のtwitterアカウントに飛ぶのでフォローしてください)




使い方は、簡単です。

twitterで、“和楽の道”のアカウントをフォローすると、毎日、定期的に、このサイト“和楽の道”の記事のエッセンスをまとめたツイート(つぶやき)をお届けします。

(いずれ、メール配信などもできるようにしたいと思っていますが、今のところはtwitterのみでの提供となります)

140文字の制限のあるtwitterですから、届くメッセージは短文です。1メッセージを読むのに30秒もかからないでしょう。

電車での移動時間や、昼休みなどのちょっとした時間に、あなたの心を整えることができます。

基本的には、関連する記事へのリンクも記載してありますので、詳しく読みたい場合には“和楽の道”の記事に飛ぶこともできます。


原則として、365日休まずにメッセージをお届けします。

とは言っても、読む気がしない日は、気にせず読み飛ばして下さい。

大切なメッセージですので、期間をあけて、同じメッセージを、何度も丁寧にお届けします。

ですから、見落としてしまう日があっても、また時間をおいて、あなたに必要なメッセージが届くはずです。

毎日配信といっても、負担にはなりませんので、お気軽にご登録ください。



>> 登録はこちらから <<
(“和楽の道”のtwitterアカウントに飛ぶのでフォローしてください)




私たちは、セルフイメージ(自己観)通りの人間になり、人生観に沿った人生を生き、世界観にしたがった世界をつくりだします。

自己観、人生観、世界観……etc.

こういった“観念”が変われば、私たちの人生は、まったく違ったものに変わってしまうはずです。


マザー・テレサはこう言っています。


思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

― マザー・テレサ

地球の名言」より


(歴史に残る偉人の言葉に付け加えるのは憚られるのですが)私は、この言葉の最初に、こう付け加えたいと思います。


観念に気をつけなさい、
それはいつか思考になるから。


“観念”が変われば、あなたの頭の中を駆け巡る“思考”も変わります。

あなたの“思考”がかわれば、あなたの口から出る“言葉”も変わるでしょう。

そして、“言葉”が変われば“行動”が変わり、“行動”が変われば“習慣”が変わり、“性格”が変わり、“運命”までも変えてしまうかもしれません。


【 参考記事 】


もし、あなたがそれを望むなら、“和楽の言葉”のシャワーを浴びて、あなたの“観念”を見直してみてはいかがでしょうか?

もちろん、“和楽の道”に共感できなければ、登録は避けてください。

“和楽”の価値観、人生観、人間観、世界観……。

そういった“和楽の観念”に共感した場合だけ、登録してください



>> 登録はこちらから <<
(“和楽の道”のtwitterアカウントに飛ぶのでフォローしてください)









このページの先頭へ